マザーズ先物見通し:続伸、ゲーム・クラウド関連が下支え

2020年12月2日 08:08

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:08JST マザーズ先物見通し:続伸、ゲーム・クラウド関連が下支え
本日のマザーズ先物は続伸が予想される。1日の米国市場はペンス副大統領が各州知事にワクチン配布を2週間内に開始する可能性を伝えたことが明らかになったほか、中国の良好な指標を好感し寄り付きから大きく上昇した。また、追加経済対策を巡り、マコーネル共和党上院院内総務が年内の成立の必要性を主張したほか、ムニューシン財務長官とペロシ下院議長が協議することが明らかになったため期待が高まり、終日堅調に推移した。ナスダックは史上最高値を更新。本日のマザーズ先物は米国市場でナスダックが史上最高値を更新したことや、ナイトセッションで上昇した流れを引き継ぎ続伸でのスタートが予想される。アマゾンとKDDI<9433>が5Gを利用した低遅延クラウドを年内商用化と日本経済新聞が報じている。このことから、マクアケ<4479>やHENNGE<4475>などクラウドやゲーム、自動運転など関連銘柄が注目され、相場を下支えすることが期待される。また、NTTドコモが来春から格安プラン移行で手数料を取らない方針を日本経済新聞が報じており、携帯電話の販売関連銘柄には朗報となりそうだ。上値のメドは1290.0pt、下値のメドは1206.0ptとする。《FA》

関連記事

広告

財経アクセスランキング