日産、本社でイルミネーションギャラリー開催 21年1月11日まで

2020年11月30日 09:09

小

中

大

印刷

「日産ギャラリー ウインターイルミネーション2020」で展開される「クリスマスデコレーション I2V SPOT」(画像: 日産自動車発表資料より)

「日産ギャラリー ウインターイルミネーション2020」で展開される「クリスマスデコレーション I2V SPOT」(画像: 日産自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 日産自動車は、11月28日から2021年1月11日にかけて、グローバル本社でイルミネーションギャラリー「日産ギャラリー ウインターイルミネーション2020」を開催している。日産の技術からインスピレーションを得たショールームを展開する。

【こちらも】日産が新型「ノート」を発表、人気車の投入でようやく反転攻勢が始まるか?

 日産は今回のギャラリーで、開発中の技術をアピールする。期間は2つのセクションに分かれ、28日から12月25日までは「クリスマスデコレーションI2V SPOT」、12月19日から21年1月11日までは「センシングフォレスト」を開催する。

 「クリスマスデコレーションI2V SPOT」では、2030年代の実用化を目指す「Invisible-to-Visible(I2V)」がメインテーマになる。これは車内外のセンサーの情報とクラウドデータを合わせ、ドライバーの目から見えないものを可視化。運転中の前方状況を予測したり、建物やカーブの先を示したりできる。

 ショールームではクリスマス装飾として、「スパークリングモービルズ」という約500個のプラスチック円盤を使用。回転反射を生かして車の美しさを引き立てる。「I2V SPOT」はギャラリー内と、ギャラリー2階の日産ウォークに設けている。

 「センシングフォレスト」では、日産の安全運転支援技術である「センシング」がメインテーマ。これは全方位運転支援システムであり、360度全域を対象にしたテクノロジーアシストを期待できる。車間距離キープや衝突回避など、支援技術を必要に応じて働かせることが特徴だ。

 ショールームは、冬の並木道をイメージしたシチュエーションとなる。装飾を受けた木々の間を歩行者が通れば、センサーがそれに合わせて光を灯す。隣接の「ARIYA Virtual Display」では、日産のクロスオーバーEVである「アリア」の「プロパイロット2.0」におけるセンシングのイメージ映像を見られる。

 開催中、日産グローバル本社ギャラリーへの立ち入りは、手指消毒やマスク着用が必須。試乗では検温が必要になるなど、新型コロナウイルスへの感染防止対策も徹底する。

関連キーワード日産自動車イルミネーションクリスマス新型コロナウイルスアリア

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース