前日に動いた銘柄 part2 リード、松尾電機、Abalanceなど

2020年11月28日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2 リード、松尾電機、Abalanceなど
銘柄名<コード>27日終値⇒前日比
キャリアインデックス<6538> 745 -15
高値圏で利食い優勢の展開が続く。

日本毛織<3201> 1054 -36
配当権利落ちがストレートに影響。

IDOM<7599> 577 -19
急伸後のもみ合い下放れで見切り売り優勢に。

サムティ<3244> 1733 -61
配当権利落ちで手仕舞い売りの動き。

マーベラス<7844> 952 -13
新タイトルの世界出荷本数が50万本突破で26日上昇の反動。

日産自動車<7201> 517.2 -10.4
「ノート」モデルチェンジ効果期待の動きにも一巡感。

ダイキン<6367> 23830 -220
モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を格下げ。

リード<6982> 1309 +300
アニール処理不要の技術確立を引き続き材料視。

松尾電機<6969> 477 +80
26日の急反落で押し目買いが優勢に。

Abalance<3856> 3375 +502
第三者割当増資による資金調達を引き続き評価。

アゼアス<3161> 806 +42
防護服などの売上好調で業績予想を上方修正。

プロルート丸光<8256> 247 +19
海外などの遠隔地における買付を簡易に実現するスキームである
「仮想市場」を12月初旬よりオープンすると発表。

FRONTEO<2158> 722 +17
AIを活用したプロダクトのインフラ整備と販売に関し日本MSとの協業範囲を拡大。

プラマテルズ<2714> 660+100
双日プラネットがTOBを実施へ、TOB価格(1株770円)へサヤ寄せ。

菱友システムズ<4685> 9800 -
12月31日を基準日に1対5の株式分割を実施へ。

アライドアーキ<6081> 550 +79
もち合い上放れの動きに。

リアルワールド<3691> 725 +100
webメディア「すーちゃんモバイル比較」事業を譲受。

アクリート<4395> 1674 +209
Forbes Asiaが選ぶ「Asia’s 200 Best Under A Billion」を初受賞。

MITホールディングス<4016> 3000 -
上場3日目、公開価格(690円)の5.2倍となる3590円で初値形成。

ジオコード<7357> 3725 -
26日にJASDAQ市場へ新規上場、
公開価格(1250円)の2.4倍となる3025円で初値形成。

クリーマ<4017> 5300 -
27日マザーズ市場へ新規上場、
公開価格(3570円)の1.4倍となる4850円で初値形成。《FA》

関連記事