シナネンホールディングスが第14回「いつもありがとう」作文コンクールの受賞者を発表

2020年11月27日 19:50

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

シナネンホールディングス<8132>(東1)は27日、今年で14回目を迎えた「いつもありがとう」作文コンクール(シナネンホールディングスグループ・朝日学生新聞社共催)において、個人の受賞者及び団体賞の受賞団体を発表した。

シナネンホールディングス<8132>(東1)は27日、今年で14回目を迎えた「いつもありがとう」作文コンクール(シナネンホールディングスグループ・朝日学生新聞社共催)において、個人の受賞者及び団体賞の受賞団体を発表した。[写真拡大]

写真の拡大

■コロナ禍で改めて家族の絆を再確認

 シナネンホールディングス<8132>(東1)は27日、今年で14回目を迎えた「いつもありがとう」作文コンクール(シナネンホールディングスグループ・朝日学生新聞社共催)において、個人の受賞者及び団体賞の受賞団体を発表した。

 同コンクールは、小学生を対象に、「いつもお世話になっている家族に対し、普段言葉ではなかなか言えない感謝の気持ちを書いてみよう」をテーマに開催している。

 今年は、コロナ禍の影響により夏休みは例年より短く、宿題や課題も非常に限られる状況の中で、全国から9,540作品、応募団体数956団体からの応募があり、これまでの累計応募総数は456,954通となった。

 応募は、コロナ禍で家族と家庭で一緒に過ごす時間も増えたことから、社会情勢を反映された作品も多く、その中から上位4作品、優秀賞6作品、団体賞9団体を選出。受賞作品は作文コンクール公式サイト:https://sinanengroup.co.jp/sakubun/prize/から見ることができる。

 同社は、今後も顧客と地域社会の安全・安心を守り、未来を担う子どもたちの健やかな成長を支える取り組みを続けるとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
GMOグローバルサイン・ホールディングスは高値に接近、20年12月期増収増益予想(2020/09/30)
夢真ホールディングスは戻り試す、20年9月期増収増益予想(2020/09/30)
ジーニーは調整一巡、21年3月期黒字化予想(2020/09/29)
【特集】上方修正や好決算の発表銘柄から中国関連と証券株に「まだはもうなり」の可能性(2020/10/19)
【特集】テレワークの恩恵、ハウスビルダー株に注目(2020/10/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告