大阪金見通し:上昇か、リスク資産選好一服の可能性も

2020年11月27日 07:45

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:45JST 大阪金見通し:上昇か、リスク資産選好一服の可能性も
大阪取引所金標準先物 21年10月限・夜間取引終値:6077円(前日日中取引終値↓2円)

・想定レンジ:上限6101円-下限6067円

27日の大阪取引所金標準先物(期先:21年10月限)は上昇しそうだ。前日の米国株式市場が感謝祭の祝日で休場で手掛かり材料に乏しい中、昨日までの3営業日で日経平均が1000円を超す上げとなっており、週末ということもあり利益確定売りが出やすく、また、新型コロナワクチンに関しネガティブなニュースが伝えられたことなどもあり、このところ進んだリスク資産選好が一服し、安全資産としての金が見直される可能性もある。こうした動きを受け、今日の金先物は底堅く推移しそうだ。《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース