【株式市場】中国外相の来日も株高期待を強め日経平均は後場寄り後に734円高まで上げ大幅反発

2020年11月24日 19:19

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均は2万6165円59銭(638円22銭高)、TOPIXは1762.40ポイント(35.01ポイント高)、出来高概算(東証1部)は13億9869万株

 11月19日(火)後場の東京株式市場は、中国の王毅外相が来日し20日には首相とも会談と伝えられ、中国のEV環境車化政策への協力などに期待が強まり、電池関連株などが一段高となり、古河電池<6937>(東1)は一時ストップ高。信越化学<4063>(東1)などの半導体株も一段高の場面があり、日経平均は取引開始後に734円41銭高(2万6261円78銭)まで上げ、大引けも上げ幅600円台を保ち1991年5月以来の水準に達した。

 後場は、EV給電システムなどのモリテックスチール<5986>(東1)、高性能電池用ヒューズなどの松尾電機<6969>(東2)が一段高となり一時ストップ高。 日本金属<5491>(東1)は欧州のコバルト金属規制に対応する注射針用金属が引き続き材料視されて2日連続ストップ高。タカギセイコー<4242>(JQS)は「針無し注射器」が材料視され一時ストップ高。サンバイオ<4592>(東マ)は四季報オンラインのトップ談話記事などを受けて脳の慢性期外傷性損傷治療薬が早期承認制度をパスできるか期待と思惑が強まり急動意。

 東証1部の出来高概算は13億9869万株(前引けは6億9948万株)、売買代金は2兆9478億円(同1兆4491億円)。1部上場2178銘柄のうち、値上がり銘柄数は1639(前引けは1884)銘柄、値下がり銘柄数は466(同240)銘柄。

 また、東証33業種別指数は水産/農林を除く32業種が値上がり(前引けは全33業種が値上がり)し、値上がり率上位は、証券/商品先物、精密機器、鉄鋼、金属製品、不動産、などとなった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】資源関連株の「温故知新」相場も一考余地(2020/08/03)
【注目銘柄】テクノフレックスは2Q上ぶれ着地業績に5G関連人気がオンして続急伸(2020/10/07)
【注目銘柄】大木ヘルスケアは1Q好業績を見直して2Q決算発表に期待を高めて小反発(2020/10/15)
【編集長の視点】コーナン商事は連続最高純益を手掛かりにHC業界の最割安株買いが再燃し急反発(2020/10/22)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告