Windows 7 拡張セキュリティ更新プログラム1年目、間もなく終了

2020年11月14日 21:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Windows 7/Server 2008 R2 拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)の1年目が終了に近付いたことにともない、Microsoftが2年目の利用に関する注意事項を解説している(Windows IT Pro Blogの記事)。

ESUは延長サポート終了後のWindowsでセキュリティ更新プログラム(緊急・重要のみ)を最大3年間利用可能にする有料オプションで、ボリュームライセンスプログラムを通じて購入できる。Windows 7/Server 2008 R2用のESUは1年ごと(2020年、2021年、2022年)に個別のSKUとして提供されるため、1年目のESUを利用している場合でも、2年目のESUを購入後に新しいライセンスキーでライセンス認証する必要があるという。現在ESUを利用しておらず、2年目から導入する場合は1年目と2年目の両方を購入する必要があり、ライセンス認証には2年目のキーを使用することになる。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | Windows | IT

 関連ストーリー:
新Microsoft Edge、Windows 7のサポートは2021年7月15日まで 2020年04月14日
セキュリティソフトウェアの多くが当面はWindows 7をサポート 2020年02月01日
Windows 7の壁紙が黒くなる問題、全ユーザーに対し修正パッチを提供へ 2020年01月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティMicrosoftWindowsWindows 7

関連記事

広告