Googleフォトとドライブ、21年6月1日からアップロードの容量計上仕様を変更

2020年11月13日 20:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 Googleは、GoogleフォトとGoogleドライブのストレージ容量の仕様変更を発表した(Google Japan BlogGoogleフォト ヘルプ)。

今までGoogleアカウントのストレージ容量に計上されず無制限でアップロードできたGoogleフォトの高画質画像は、2021年6月1日からGoogle Pixel 3〜5以外の端末からアップロードする場合はストレージ容量の計上対象となる。またGoogleドライブに保存されている容量計上対象ではなかったGoogleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライド、Google図形描画(Drewings)、Googleフォーム、Jamboardのファイルも2020年6月1日以降に作成・変更した場合は容量に計上される。

Googleアカウントは長期間ログインしていないとアカウント削除か停止される方針は昔からあったようが気がするが、2021年6月1日からはGmail、Googleドライブ、Googleフォトで2年以上利用がない、または容量制限を超えている場合はファイルを削除する可能性があるそうだ。削除前に警告メールを送る可能性がある(このメールは受信できるのだろうか?)ので利用している方は要確認。

#この調子だと、Googleの15GB、iCloudの5GBの容量引き上げは当分実現されなさそう。。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | IT

 関連ストーリー:
空きストレージをブロックチェーン技術でシェアするFilecoinが正式提供開始 2020年11月04日
キヤノンの写真クラウド「image.canon」、保存データの一部が消失 2020年08月07日
オンラインストレージサービスBackblaze、2019年版のHDD故障率統計を公表 2020年02月17日
キヤノン、同社製カメラユーザーを対象に30日間容量無制限で動画・画像を保存できるクラウドサービスを発表 2020年02月17日
Google Cloud Storageに低保存料金・高読み出しコストのストレージクラスが追加される 2020年01月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告