ライフ RSS

 

厚労省、オンライン診療での初診受付をかかりつけ医対象に解禁の方針

2020年11月4日 17:56

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、4月に初診からのオンライン診療が認められるようになったが、厚生労働省は、恒久化の方針を年内にまとめる方向で進んでいるそうだ(日経新聞SankeiBizNHK)。

田村憲久厚生労働相は30日に行われた記者会見で、「かかりつけ医」を対象に解禁する方針であると話したという。病気の種類の範囲など初診の範囲や、どれくらいの頻度で通っているのがかかりつけ医の扱いであるのかといったかかりつけ医の詳細な要件はこれから調整していくとしている。この判断は、医療現場から患者の状態を把握できていないと誤診につながるという意見を反映したためと見られる。 

スラドのコメントを読む | 医療 | 政府

 関連ストーリー:
菅官房長官、行政のデジタル化を推進するデジタル庁の創設を検討中 2020年09月07日
厚生労働省、患者の医療情報を共有するシステム構築へ。マイナンバーカードと連携で 2020年08月06日
「オンライン診療」初診から容認へ。ただし時限的措置 2020年04月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング