Intel、デスクトップ向け第11世代Coreプロセッサ発表 21年第1四半期に発売

2020年10月31日 15:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Intelは29日、デスクトップ向け第11世代Coreプロセッサ、開発コードネーム「Rocket Lake-S」の概要を発表した。2021年第1四半期に発売する予定となっている(IntelASCIIPC Watch)。

CPUマイクロアーキテクチャには「Cypress Cove」を採用した。久しぶりの大規模マイクロアーキテクチャの更新となる。ハードウェアとソフトウェアの効率を改善することにより、IPCは前世代から10%以上向上したとしている。このほか新しい命令セットのIntel DL Boost(VNNI)に対応、最大20個のPCI Express 4.0(Gen 4)レーンに対応するなどが明らかにされている。

製造プロセスは明らかにされていないが、従来通り14nm++によって行われるとみられている。なお、前世代にあたる第10世代Coreプロセッサ(Comet Lake-S)では10コア/20スレッドとなっていたが、第11世代Coreプロセッサでは最大8コア/16スレッドに減らされている。詳細は不明だが、内蔵GPUに関しても最新のXe Graphicsをベースとしたものに強化されたと見られている。 

スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | Intel | ニュース

 関連ストーリー:
Intel、2020Q3の純利益は前年比29パーセント減に。発表日の時間外取引で一時10%ほど急落 2020年10月26日
SKハイニックス、インテルのSSDやNAND関連事業を買収へ。分割購入で買収完了は2025年を予定 2020年10月21日
Microsoft、12.4インチディスプレイ搭載のSurface Laptop Goを発表 2020年10月02日
インテル、2006年から使われてきたコーポレートロゴを新デザインに変更 2020年09月03日
Intel、2021年にメインストリーム向けCPUとしてAlder Lakeの存在を発表 2020年08月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIntel

関連記事

広告

財経アクセスランキング