大阪金概況:下落、株価下落による損失を補う換金売りも

2020年10月30日 16:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:05JST 大阪金概況:下落、株価下落による損失を補う換金売りも
大阪取引所金標準先物 21年10月限・日中取引終値:6270円(前日日中取引終値↓60円)

・推移レンジ:高値6313円-安値6260円

30日の大阪取引所金標準先物(期先:21年10月限)は下落した。欧米での新型コロナ感染拡大や米大統領選への警戒感から投資家のリスク回避の姿勢が強くなっている。リスク回避資金はドルに向かい、ドルの代替投資先とされる金には資金が向かいにくくなっており、今日の金先物は下落した。また、午後に日経平均が下げ幅を拡大した場面では、株価下落による損失を金の売却により補おうとする換金売りも指摘された。《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 宇宙からのライブ配信によるカウントダウン映像の想像図 (c) KIBO宇宙放送局
  • (c) 123rf
  • 「魔女がいっぱい」(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
  • 「日産ギャラリー ウインターイルミネーション2020」で展開される「クリスマスデコレーション I2V SPOT」(画像: 日産自動車発表資料より)
  • 「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)
  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース