サンコーテクノは接着系あと施工アンカー無機系注入方式カートリッジ型『サイズミックエコフィラーSE1300V』を新発売

2020年10月27日 16:51

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 サンコーテクノ<3435>(東2)は、用途に応じた容量の選択が可能で、カートリッジの再使用・分別廃棄が可能な接着系あと施工アンカー無機系注入方式カートリッジ型『サイズミックエコフィラーSE1300V』を11月2日(月)に発売する。

 これまでに販売している同シリーズは、材料の配合管理が不要なセメント系の注入方式の接着系アンカーとして、建築・土木分野における設備や躯体工事など、さまざまな用途で使用されていますが、作業内容に応じてカートリッジのサイズが異なる製品を使い分ける必要があった。

 今回発売となる『SE1300V』は、同一カートリッジで3種類の容量(550cc、1300cc、1850cc)を用途に応じて選択できる、電動ディスペンサー施工のエコフィラー施工システム。

 作業工程を同社従来品比で約40%削減し、大幅な作業の効率化や省力化を実現した。また、従来のカートリッジでは不可能であった使用済みカートリッジの再使用が可能となったことで、材料費は当社従来品比で約20%削減され、廃棄時には残材とプラスチックごみを分別することができる。

 現場作業で要求される作業工程の効率化や省力施工、環境配慮にもトータルで対応できる接着系アンカーとして、インフラ分野でのさらなる用途拡大が期待される。

 初年度の年間売上は、3000万円を目指している。

■「サイズミックエコフィラー」シリーズ共通特長

(1)無機系のため、VOC(揮発性有機化合物)ガスや臭いがなく、作業環境改善に貢献 (2)セメント系のため不燃性 (3)材料の配合管理が不要、専用の撹拌棒(別売品)で簡単に練混ぜが可能 (4)横向き・天井向きの注入でも材料のダレが少ない (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】綿半HDは分割落ち後安値も2Q決算発表を先取り巣ごもり関連株買いの好機(2020/10/13)
【注目銘柄】日電子材料は2Q決算発表を前に割安ハイテク株買いが再燃し反発(2020/10/20)
【注目銘柄】HPCシステムズは6月の上場来高値を目指す、21年6月期増収増益予想(2020/10/07)
【注目銘柄】サイネックスは年初来高値を更新、ふるさと納税関連の出遅れ株買いが再燃(2020/09/30)
【注目銘柄】スーパーバリューは2Q決算発表を先取りバリュー株買いが拡大して急続伸(2020/09/29)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース