27日上場のカラダノートは買い気配のまま公開価格の56%高(10時50分現在)

2020年10月27日 11:46

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■妊娠出産育児に関するアプリ開発や少額短期保険の取り扱いなどで高い業績

 10月27日新規上場となったカラダノート<4014>(東マ)は買い気配をセリ上げて始まり、10時45分現在も買い気配のまま703円(公開価格450円の56%高)となっている。まだ初値はついていない。

 設立は2008年12月24日で、ファミリーデータプラットフォーム事業、少額短期保険『家族あんしん保険』の保険代理店事業、妊娠出産育児に関する、メディアの企画運営/アプリの企画開発、服薬、健康管理に関する、アプリの企画開発、などを行う。

 今期・2021年7月期の業績予想(個別、会社発表)は、売上高が8.56億円(前期比16.8%増)、営業利益が2.05億円(同66.5%増)、当期純利益は1.26億円(同51.4%増)、1株利益は21円68銭。

 同社HPによると、今すぐ使える陣痛計測アプリ「陣痛きたかも」は、国内の陣痛間隔計測アプリシェアNo1。合計164万人、2人に一人の出産をサポートしてきたとしている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】綿半HDは分割落ち後安値も2Q決算発表を先取り巣ごもり関連株買いの好機(2020/10/13)
【注目銘柄】日電子材料は2Q決算発表を前に割安ハイテク株買いが再燃し反発(2020/10/20)
【注目銘柄】HPCシステムズは6月の上場来高値を目指す、21年6月期増収増益予想(2020/10/07)
【注目銘柄】サイネックスは年初来高値を更新、ふるさと納税関連の出遅れ株買いが再燃(2020/09/30)
【注目銘柄】スーパーバリューは2Q決算発表を先取りバリュー株買いが拡大して急続伸(2020/09/29)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース