東京為替:中国本土株安を意識して円売り抑制も

2020年10月27日 11:04

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:04JST 東京為替:中国本土株安を意識して円売り抑制も
27日午前の東京市場でドル・円は104円70銭台で推移。日経平均は45円安で推移しており、下げ幅は再び縮小。ただ、中国本土株式は弱含みとなっており、株安を意識してリスク選好的な円売りは抑制されているようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円75銭から104円89銭、ユーロ・ドルは1.1807ドルから1.1860ドル、ユーロ・円は123円69銭から123円87銭。

■今後のポイント
・新型コロナウイルスのワクチン・有効治療薬の開発競争は加速する可能性
・米追加経済救済策成立は大統領選挙後となる可能性
・ウイルス感染拡大で欧米経済見通しは不透明《MK》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース