テックファームホールディングス スマートオフィス向けソリューションを強化

2020年10月27日 11:14

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:14JST テックファームホールディングス---スマートオフィス向けソリューションを強化
テックファームホールディングス<3625>は27日、同社子会社のテックファームが保有するIoTプラットフォーム「MoL」について、アライドテレシスホールディングス<6835>の無線LANアクセスポイントによる位置情報捕捉技術と連携し、位置情報を可視化するスマートオフィス向けソリューションを提供することを発表。

本ソリューションは、「MoL」の位置情報捕捉機能と、アライドテレシスの位置情報捕捉可能な無線 LAN アクセスポイントおよびネットワーク統合管理ソフトウェア「AT-Vista Manager EX」を連携させることで位置情報を取得することができる。位置情報を捕捉するために専用タグを利用することなくスマートフォンやPCを用いて現在位置を把握する為、無線LANアクセス機器を導入するだけで動線分析など位置情報を活用することができる。
今後両社で位置情報の可視化と組み合わせた複合的なソリューションとして、病院や工場、オフィスなどに向けて提供、感染症対策など様々な利用シーンに活用していくとしている。《ST》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース