日東電 もみ合い、想定以上の好決算発表も一定の出尽くし感先行へ

2020年10月27日 11:17

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:17JST 日東電---もみ合い、想定以上の好決算発表も一定の出尽くし感先行へ
日東電<6988>はもみ合い。前日に上半期の決算を発表、営業利益は424億円で前年同期比3.1%増益、市場予想は50億円程度上回った。自動車関連の回復が想定以上で、インダストリアルテープ事業がけん引したもよう。通期予想も従来の640億円から750億円、前期比7.6%増と一転しての増益見通しに上方修正している。ネガティブな印象は乏しいが、直近で株価の上昇ピッチが速まっていたこともあって、出尽くし感も先行したものとみられる。《ST》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース