中外薬 急伸、第3四半期決算は過去最高を更新と好調

2020年10月23日 13:48

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:48JST 中外薬---急伸、第3四半期決算は過去最高を更新と好調
中外薬<4519>は急伸。前日に第3四半期決算を発表、累計売上収益は5765億円で前年同期比13.3%増、コア営業利益2319億円で同35.5%増となり、いずれも第3四半期として過去最高を更新している。ロシュ向けのへムライブラやアクテムラの海外売上、へムライブラなどのロイヤルティ収入が大幅に増加して業績を牽引。コア営業利益は会社側通期予想に対する進捗率が84.3%に達しており、計画達成確度が高まる状況となっている。《HH》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース