アスカネットの「空中ディスプレイ」技術がテレビ「情熱大陸」で放送へ

2020年10月23日 13:19

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■10月25日(日)夜11時放送、開発秘話や「非接触」用途なども

 アスカネット<2438>(東マ)の「空中ディスプレイ」(空中結像)技術が、10月25日(日)夜11時から放送のTBSテレビ「情熱大陸」で取り上げられる。

 同社「エアリアルイメージング事業」のトップで、空中ディスプレイの実用化に成功した人物として大坪誠氏が出演。空中に浮かび上がっている映像や、世界初の技術を見た際の他の方々の驚きなどが映されているようだ。

 同社では、「そもそものきっかけ、開発秘話、現状の苦労、直面した壁など、今のコロナの環境下で脚光を浴びている『非接触』というキーワードに沿った内容で取材された」とし、非接触タッチパネルとしての用途なども紹介される可能性がある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】クレスコは昨年来高値を更新、株式分割の権利取りを連続過去最高業績がサポート(2020/01/17)
ケイアイスター不動産は売られ過ぎ感、20年3月期増収増益予想で3Q累計順調(2020/02/17)
システムサポートは上値試す、20年6月期2Q累計大幅増益で期末配当予想を増額修正(2020/02/17)
ジェイエスエスは調整一巡、20年3月期増収増益予想で3Q累計順調(2020/02/17)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事