国内外でウーバーイーツめぐる問題が指摘 国内ではマナー違反、海外では移民搾取

2020年10月16日 18:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Uber Eatsで様々なトラブルが発生しているらしい。国内では7日に入管難民法違反(不法残留)の疑いでUber Eatsの配達員二人が逮捕された。二人はベトナム国籍で技能実習ビザが切れた後も不法滞在していたという。逮捕のきっかけは路上でたむろしているという通報があったためだという(神戸新聞)。

こうしたUber Eatsをめぐるマナー問題は複数存在している。5月には首都高速道路でUber Eatsの配達員が自転車で走るといった事例もあった(日経新聞)。また無届けの運送事業者と見なされ摘発されたこともある。MBSの報道によれば、今年5月以降にウーバー配達員が関わる交通事故が京都府内で3件ほど起きていたという。このため京都では、配達員を対象に実技込み交通安全講習も開催されたそうだ。この講習では配達員約60人が集められた模様(MBS)。

こうした講習が必要な背景には、労働力を単価が安価な外国人労働者などに依存している面があるようだ。海外でも事情は同じらしい。ただ日本の場合とは異なり、イタリアのUber Eatsでは立場の弱い移民労働者を法外に安価な給与で働かせているという。AFPの報道によれば、配達員の報酬は1回につきわずか3ユーロ(約370円)。配送距離や天候、時間帯にかかわらずすべて同一価格であるとされる。このためミラノ検察が同社を捜査する事態になったとされる(AFP)。

移民に依存しているのはイタリアだけではない。フランスでも同様の事例があると昨年報じられている。フランスの場合では、Uber Eatsのライセンスを持つ配達員が自分のアカウントを労働許可証を持っていない移民に貸し出すことで、下請けとして雇っているという。正規の支払い料金の約半分で引き受けているという(東洋経済)。 

スラドのコメントを読む | ビジネス | 犯罪 | ニュース | お金

 関連ストーリー:
中型バイクでUber Eatsをしていた男性、無届の運送事業とみなされ摘発 2020年08月03日
ウマが弁当を配達する「ウーマーイーツ」、山梨県富士吉田市の企業が運営 2020年06月01日
Alphabet傘下のWing、米国でドローンによる宅配の試験運用を開始 2019年10月23日
UberとUber Eatsで誤って料金を100倍増しで請求するトラブル発生 2019年07月22日
Uber、今年の夏からドローンでのハンバーガー配達を開始。サンディエゴからスタート 2019年06月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードウーバーイタリアベトナムフランス外国人労働者ミラノ

関連記事

広告