ビザスク ストップ高、21年2月期第2四半期の営業利益2.4倍、「ビザスクinterview」好調/新興市場スナップショット

2020年10月16日 11:10

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:10JST <4490> ビザスク 4270 +700
ストップ高を付け、上場来高値を更新している。21年2月期第2四半期累計(20年3-8月)の営業利益が前年同期比142.4%増の0.59億円になったと発表している。フルサポート形式のスポットコンサル設営サービス「ビザスクinterview」が好調で、知見プラットフォーム事業の成長を牽引した。通期予想は前期比23.1%減の0.55億円で据え置いたが、第2四半期累計時点で既に上回っている。《HH》

関連記事

広告