株価大幅高のファーストリテイリングに逆張りのプット買いが目立つ(16日10:04時点のeワラント取引動向)

2020年10月16日 10:29

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:29JST 株価大幅高のファーストリテイリングに逆張りのプット買いが目立つ(16日10:04時点のeワラント取引動向)
新規買いは原資産の株価上昇が目立つファーストリテイリング<9983>プット248回 12月 65,000円を逆張り、ファーストリテイリングコール293回 11月 80,000円を順張り、ファーストリテイリングプット241回 11月 50,000円を逆張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つソニー<6758>コール356回 12月 8,250円を逆張り、ソニーコール362回 12月 9,750円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしては日経平均プット1414回 11月 19,000円、ファーストリテイリングコール285回 11月 60,000円、ファーストリテイリングコール289回 11月 70,000円、ファーストリテイリングプット247回 11月 65,000円、米ドルリンク債コール1154回 11月 106円などが見られる。

上昇率上位はWTI原油先物リンク債_2020年12月限コール13回 11月 55米ドル(+44.4%)、ファーストリテイリングコール293回 11月 80,000円(+44.4%)、ファーストリテイリングコール291回 11月 75,000円(+38.3%)、WTI原油先物リンク債_2020年12月限コール11回 11月 50米ドル(+33.3%)、ファーストリテイリングコール289回 11月 70,000円(+33.0%)などとなっている。

(eワラント証券)《HH》

関連記事

広告