ネクスグループ 3Q減収も、IoT関連事業は好調に推移

2020年10月15日 17:41

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:41JST ネクスグループ---3Q減収も、IoT関連事業は好調に推移
ネクスグループ<6634>は14日、2020年11月期第3四半期(19年12月-20年8月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比29.3%減の50.98億円、営業損失が3.36億円(前年同期は4.95億円の損失)、経常損失が3.94億円(同5.28億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失が11.13億円(同11.68億円の損失)となった。

IoT関連事業の売上高は前年同期比21.1%増の11.08億円、営業利益は同157.9%増の2.35億円となった。ネクスの提供する「UX302NC-R」がNTTドコモ<9437>の相互接続性試験をクリアし、NTTドコモの取り扱い製品として全国のドコモショップ及びドコモオンラインショップにて販売された。また、新型コロナウイルス感染症対策として、在宅勤務などのテレワークの導入企業の増加に伴い通信端末の販売が伸長している。

インターネット旅行事業の売上高は前年同期比68.3%減の5.97億円、営業損失は0.99億円(前年同期は0.43億円の利益)となった。新型コロナウイルス感染症の影響により、申込数の減少とキャンセルが発生し、売上高は大幅に減少している。

ブランドリテールプラットフォーム事業の売上高は前年同期比23.2%減の33.77億円、営業損失は1.93億円(前期は3.67億円の損失)となった。チチカカにおいては、営業自粛要請による時短営業及び来店客数減少に加え、緊急事態宣言により72店舗(全店舗数の80%)が休業となったものの、6月には緊急事態宣言解除を受けて全店での営業を再開し、揺り戻しの需要などもあり売上高は大きく改善した。

暗号資産・ブロックチェーン事業の売上高は前年同期比19.1%減の0.09億円、営業損失は0.03億円(前年同期は0.06億円の損失)となった。引き続きAI技術を利用した暗号資産のトレーディングシステムの開発を行っている。開発に伴うトレーディングシステムの試験運用に関しては、暗号資産市場の動向と資金効率をふまえた運用を行っていく。

2020年11月期通期の連結業績予想については、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、現時点で適正かつ合理的な業績予想の算定を行うことが困難なことから、未定としている。今後、適正かつ合理的な予想が可能となった時点で速やかに開示する。《EY》

関連記事

広告