ジャパンベストレスキューシステム 生活トラブル対応履歴のAIによる分析と活用開始

2020年10月14日 15:48

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:48JST ジャパンベストレスキューシステム---生活トラブル対応履歴のAIによる分析と活用開始
ジャパンベストレスキューシステム<2453>は14日、生活トラブル対応履歴のAIによる分析と活用を開始すると発表。

高齢化社会が進み、生活トラブルを個人で解決できないケースが増えてきている。同社はこれまで、創業20年以上にわたり、カギ・水・ガラス・PC関連などの生活トラブルに幅広く対応。5,500万件超の生活トラブルデータを蓄積してきた。AIを活用するプロジェクトを立ち上げ、AIの活用により、業務効率化と高付加価値サービスの開発を進めていく。

今後は、トラブル発生そのものを事前に予防する取り組みの導入に向けて、提携先企業との協議を進める。《NB》

関連記事

広告