NY原油:続落で39.43ドル、供給増加の思惑強まる

2020年10月13日 07:34

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:34JST NY原油:続落で39.43ドル、供給増加の思惑強まる
NY原油先物11月限は続落(NYMEX原油11月限終値:39.43 ↓1.17)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は、前営業日比-1.17ドルの1バレル=39.43ドルで取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは39.04ドル−40.45ドル。メキシコ、リビアの石油生産施設の稼働再開を受けて供給増加の思惑が強まり、NY原油先物は節目の40ドルを下回った。米国株高は特に意識されなかったようだ。《CS》

関連記事

広告

財経アクセスランキング