【話題】鳥貴族が「トリキマラソン」で注目される、来店客は増えるが…

2020年10月7日 13:16

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■客が渡り鳥?「GoToイート」のポイント稼ぎを目的に

 鳥貴族<3193>(東1)は10月7日の前場、取引開始後の2%安(28円安の1535円)を下値に切り返し、1.7%高(26円高の1589円)まで上げる場面を見せて前引けは1.3%高の1583円(20円高)となった。

 ネット上の人気キーワードに6日頃から「トリキマラソン」が登場しているとされ、「gotoイートで小遣い稼ぎが話題です!」など、「GoToイート」のポイント稼ぎを目的に同社の店舗を渡り歩く動きがあるという。

 同社は「一品298円」がウリの焼き鳥チェーン。「GoToイート」では、昼食・夕食を目的にネット予約で来店すると500円分、1000円分のポイントが付与されるため、店内で1品のみ注文して引き上げれば、差し引き700円近い儲けになる。これを何店舗かハシゴすれば、という作戦だ。

 お店にしてみれば、来店客は増えるが『利益なき繁忙』に陥りかねないわけで、ネット上でも「さすがにこれはまずいと思うのですが」「鳥貴族がかわいそうですね。」といった書き込みを見ることができる。

 こうした行為、実際には疲れるのがオチではないかと思われるのだが、関連報道によると、農水省では、制度上は問題なく、あとは個々の店舗で対策や対応を講じてもらいたいとしているようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】第2、第3のテレワーク関連株に注目、仮想デスクトップ・テレビ会議関連など(2020/02/03)
【株式評論家の視点】昭栄薬品はオレオケミカルの専門商社、自社株買い実施に光通信が保有(2020/01/09)
【株式評論家の視点】北の達人コーポは「刺す化粧品-ディープパッチシリーズ」が大ヒット、700円割れが下値として意識(2020/01/16)
【ブロックチェーン・STO関連銘柄特集】新たな金融サービスの広がりに期待(2019/12/11)
【株式評論家の視点】プレナスは通期業績予想を据え置き、配当利回り3%(2020/01/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース