ピックルスコーポレーションが業績予想を増額修正、通期の連結営業利益は従来予想を21%引き上げる

2020年9月27日 07:02

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■野菜は高騰したが家庭での食事が増えキムチの乳酸菌は健康志向に合致

 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)は9月25日の取引終了後、最近の業績動向を踏まえ、2020年4月14日に公表した業績予想の増額修正を発表し、2021年2月通期の連結売上高の見通しは、従来予想を4.7%引き上げて450億円の見込み(同8.7%増)とした。

 新型コロナウイルス感染症の影響による外出自粛が続いたことにより、家庭での食事の機会が増えたこと、健康志向の高まりにより乳酸菌を含む食品としてキムチの需要が増えたこと、キムチがテレビ番組で取り上げられたことなどにより、第2四半期までで当初の予想を上回った。 

■生産アイテム集約による生産の効率化など企業努力も推進

 連結営業利益の見通しは、従来予想を20.7%引き上げて23.0億円の見込み(前期比22.9%増)とした。原料野菜の仕入価格は、春先の低温、7月の長雨や日照不足、及び8月の猛暑などにより高騰したが、増収効果、商品規格の見直しや生産アイテムの集約による生産の効率化を図った。

 また、当初計画より、広告宣伝費が減少したこと、などもあり、通期の親会社株主に帰属する連結純利益は従来予想を20.1%引き上げて16.0億円の見込み(同24.0%増)とした。増額後の今期予想1株利益は250円09銭。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】第2、第3のテレワーク関連株に注目、仮想デスクトップ・テレビ会議関連など(2020/02/03)
【株式評論家の視点】昭栄薬品はオレオケミカルの専門商社、自社株買い実施に光通信が保有(2020/01/09)
【株式評論家の視点】北の達人コーポは「刺す化粧品-ディープパッチシリーズ」が大ヒット、700円割れが下値として意識(2020/01/16)
【ブロックチェーン・STO関連銘柄特集】新たな金融サービスの広がりに期待(2019/12/11)
【株式評論家の視点】プレナスは通期業績予想を据え置き、配当利回り3%(2020/01/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告