JFEシステムズは電子帳票パッケージFiBridgeシリーズ、13年連続シェアNo.1を獲得

2020年9月24日 19:05

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

JFEシステムズ<4832>(東2)は、市場調査会社である株式会社富士キメラ総研が実施した「ソフトウェアビジネス新市場2020年版」の調査において、自社開発の電子帳票パッケージ「FiBridge(ファイブリッジ)シリーズ」が13年連続で国内製品における第1位の実績を獲得したと発表。

JFEシステムズ<4832>(東2)は、市場調査会社である株式会社富士キメラ総研が実施した「ソフトウェアビジネス新市場2020年版」の調査において、自社開発の電子帳票パッケージ「FiBridge(ファイブリッジ)シリーズ」が13年連続で国内製品における第1位の実績を獲得したと発表。[写真拡大]

写真の拡大

■利用企業数が3,700社を突破

 JFEシステムズ<4832>(東2)は、市場調査会社である株式会社富士キメラ総研が実施した「ソフトウェアビジネス新市場2020年版」の調査において、自社開発の電子帳票パッケージ「FiBridge(ファイブリッジ)シリーズ」が13年連続で国内製品における第1位の実績を獲得したと発表。

 同レポートによると2019年度の電子帳票パッケージ(運用・保存システム)分野において、電子帳票パッケージFiBridgeシリーズの販売数量が市場占有率23.4%を超え、今回で13回連続してシェアNO.1の実績を獲得した。また、出荷金額においても、市場占有率22.5%でシェアNO.1だった。

 同社は、20年以上にわたり、帳票ペーパーレスや電子帳簿保存法への対応に取り組んできており、電子帳票パッケージFiBridgeシリーズ利用企業数も3700社を超えた。ニューノーマル時代において、ペーパーレス化のニーズはますます高まりを見せており、同社は、このようなニーズに対応し続け、さらなるペーパーレス社会の発展に貢献していくとしている。

【Topics】

●FIT2020オンライン(金融国際情報技術展)に出展します

https://fit-tokyo.nikkin.co.jp/

●ペーパーレスによる業務改革を実現!

https://www.jfe-systems.com/seminar/e20201008.html

・「富士キメラ総研」について  株式会社富士キメラ総研は、市場調査(フィールドリサーチ中心)に58年の実績を持ち、情報の質やリアルタイムなデータの収集・調査力に強みを持つ会社。特に先端技術市場の調査に特化しており、ITインテリジェンスが高度化する中でOn the information edge(最先端情報で優位に立つ)を目指した実態調査とコンサルティングを提供している。

(参考URL)  https://www.fcr.co.jp/desc_01.htm

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】タカラレーベンは反落も3Q好決算を手掛かりにバリュー株買いの再燃が有望(2020/01/31)
【株式評論家の視点】リックソフトは今2月期第3四半期業績は順調、日柄調整が進むか注目(2020/01/23)
【編集長の視点】CRGHDは2期ぶり最高業績を1Q決算で確認期待を高め3連騰(2020/02/05)
マクアケは20年9月期大幅増収増益予想で1Q順調(2020/02/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告