【株式市場】日経平均は後場一時307円安となり続落だが新規上場3銘柄は好調で2銘柄が買い気配

2020年9月24日 16:41

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均は2万3087円82銭(258円67銭安)、TOPIXは1626.44ポイント(17.81ポイント安)、出来高概算(東証1部)は12億4782万株

 9月24日(木)後場の東京株式市場は、ファナック<6954>(東1)が前引けを大きく下回って始まるなど、一部銘柄が水準を下げ、日経平均は167円安で始まり下げ幅を徐々に拡大。14時には307円01銭安(2万3039円48銭)まで下押した。JR東日本<9020>(東1)など堅調な銘柄はあったが、日経平均はその後も幾分戻した程度にとどまり大幅続落となった。東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均は反落した。

 後場は、コーア商事HD<9273>(東1)がジリ高となり、証券会社による投資判断などを材料視。アクアライン<6173>(東マ)は香港で天然水の農夫山泉が連日急伸とされ一段と上げストップ高。日本ラッド<4736>(JQS)はデータ統合システムなどが注目され一段高のストップ高。

 新規上場の3銘柄は後場もそろって気配値を上げ、グラフィコ<4930>(JQS)が14時39分に公開価格4090円の2.3倍の9560円で初値がつき、あと1万500円まで上げて終値は8790円。トヨクモ<4058>(東マ)公開価格2000円は気配値のまま4600円で終わり、まぐまぐ<4059>(JQS)同810円も気配値のまま1863円で終わった。

 東証1部の出来高概算は12億4782万株(前引けは5億4328万株)、売買代金は2兆2910億円(堂1兆24億円)。1部上場2176銘柄のうち、値上がり銘柄数は419(前引けは610)銘柄、値下がり銘柄数は1685(同1482)銘柄。

 また、東証33業種別指数は精密機器1業種のみ値上がり(前引けは2業種が値上がり)した。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】クレスコは昨年来高値を更新、株式分割の権利取りを連続過去最高業績がサポート(2020/01/17)
ケイアイスター不動産は売られ過ぎ感、20年3月期増収増益予想で3Q累計順調(2020/02/17)
システムサポートは上値試す、20年6月期2Q累計大幅増益で期末配当予想を増額修正(2020/02/17)
ジェイエスエスは調整一巡、20年3月期増収増益予想で3Q累計順調(2020/02/17)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告