NY原油:続伸で40.97ドル、主要産油国による追加減産の思惑も

2020年9月18日 07:36

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:36JST NY原油:続伸で40.97ドル、主要産油国による追加減産の思惑も
NY原油先物10月限は続伸(NYMEX原油10月限終値:40.97 ↑0.81)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は、前営業日比+0.81ドルの1バレル=40.97ドルで取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは39.42ドル−41.22ドル。世界経済の急速な回復への期待は低下しており、原油需要の伸びは予想を下回る可能性があるとの見方が広がっている。これに対応して主要産油国による追加減産観測が台頭しており、短期筋などの買いが入った。《CS》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース