日経平均は148円安、今晩の米株式相場への警戒感も

2020年9月17日 14:23

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:23JST 日経平均は148円安、今晩の米株式相場への警戒感も
日経平均は148円安(14時20分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、エムスリー<2413>などがマイナス寄与上位となっており、一方、中外薬<4519>、NTTデータ<9613>、トレンドマイクロ<4704>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、陸運業、空運業、非鉄金属、鉄鋼、輸送用機器が値下がり率上位、倉庫運輸関連、海運業、繊維製品、医薬品、その他金融業が値上がり率上位となっている。

後場の日経平均はマイナス圏で方向感を欠く動きとなっている。ダウ平均先物が軟調な動きとなっており、今晩の米株式相場を警戒する声もある《FA》

関連記事

広告