日経平均は147円安、一時200円安の後は小動き

2020年9月17日 13:24

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:24JST 日経平均は147円安、一時200円安の後は小動き
日経平均は147円安(13時20分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、エムスリー<2413>などがマイナス寄与上位となっており、一方、中外薬<4519>、NTTデータ<9613>、味の素<2802>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、陸運業、空運業、非鉄金属、輸送用機器、ゴム製品が値下がり率上位、倉庫運輸関連、海運業、繊維製品、その他金融業、小売業が値上がり率上位となっている。

後場に入って日経平均の下げ幅は一時200円を超えたが、その後はやや下げ渋った水準で小動きとなっている。FOMCの結果や新政権の政策への期待感は株価に織り込み済みとの見方もあり、やや手掛かり材料不足との声もある。《FA》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース