コーセル 急伸、第1四半期の高水準の収益変化率を好材料視

2020年9月17日 13:03

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:03JST コーセル---急伸、第1四半期の高水準の収益変化率を好材料視
コーセル<6905>は急伸。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は8.9億円で前年同期比3.3倍と急拡大へ。業績計画は据え置いているが、通期計画19億円、前期比13.9%増に対する進捗率は47%に達している。前第4四半期からの新型コロナ拡大を見越した先行発注による受注残の消化で、日本生産販売事業が伸長した。また、北米、欧州、アジア、中国も揃って、収益は改善する状況になっている。《HH》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース