ネクシィーズG 直近急伸の反動も中期シグナルは好転

2020年9月17日 13:03

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:03JST <4346> ネクシィーズG 1139 -31
利食い優勢。直近で強いリバウンドをみせていることもあり、6月戻り高値接近でいったんは利食いのタイミングといったところのようである。ただし、中期シグナルでは13週、26週線を突破してきており、シグナルが好転。52週線辺りを意識したリバウンドが今後期待されてきそうである。週足の一目均衡表では転換線基準線を突破して雲下限に接近。遅行スパンは実線を下から上に突き抜ける、上方シグナルを発生させている。《FA》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース