中小型株については個人主体の売買が活発【クロージング】

2020年9月16日 16:21

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:21JST 中小型株については個人主体の売買が活発【クロージング】
16日の日経平均は小幅に反発。20.64円高の23475.53円(出来高概算11億6886万株)で取引を終えた。米国市場が連邦公開市場委員会(FOMC)待ちで引けにかけて上げ幅を縮めていた流れもあり、やや利食い優勢で始まった。しかし、寄り付き直後に付けた23397.43円を安値に、その後は底堅い値動きとなり、23500円を回復する場面もみられている。

もっとも、こう着感の強い相場展開は続いており、後場は50円弱の狭いレンジ内での推移となっており、ソフトバンクG<9984>、エムスリー<2413>が指数をけん引したほかは、全体的に小動きとなっている。一方で、中小型株への物色は活発であり、マザーズ、JASDAQ銘柄の強い動きが目立っていた。

東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1300を超えており、全体の6割を占めている。セクターでは情報通信、食料品、医薬品、小売、サービスが堅調。半面、海運、ゴム製品、鉱業、空運、建設、非鉄金属が冴えない。指数インパクトの大きいところでは、ソフトバンクG、エムスリーのほか、東エレク<8035>、KDDI<9433>、アドバンテスト<6857>、第一三共<4568>、ソニー<6758>、エーザイ<4523>が堅調。一方で、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>が冴えない。

日経平均はこう着感の強い相場展開となったが、テクニカル面では5日線が支持線として機能しており、底堅さが意識されている。また、足元では7営業日連続で陽線を形成しており、押し目買い意欲の強さが窺える。FOMCの結果待ちの面はあったが、新政権に対する期待感から売り込みづらい需給のようである。また、自律反発の域ではあるが、値がさハイテク株にリバウンドの動きがみられてきていること、なによりソフトバンクGの上昇が安心感につながっている。

また、中小型株については個人主体の売買が活発しており、マザーズ指数は年初来高値を更新している。個別では利食いに押される銘柄もみられているが、循環物色から良好な需給状況が窺える。週後半は4連休を控えて徐々に商いは細りそうであるが、中小型株については調整局面での押し目買い意欲も強そうである。《CN》

関連記事

広告