藤井聡太2冠、AMD Ryzen Threadripper 3990Xを使用

2020年9月14日 17:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

話題となった藤井聡太棋聖が何のCPUを使って新たにPCを自作するかについてだが、Threadripper 3990Xで確定した模様。PCパーツまとめによると、中日新聞の紙面に藤井聡太棋聖のインタビューが掲載され、そこに現在Threadripper 3990Xを使用している旨の発言が出ているそうだ(大元のつっつんさんのツイートPCパーツまとめ)。

その中日新聞の記事によれば、 これまでに三台作りました。最新のはCPUに「Ryzen Threadripper 3990X」を使っています。現状では、これが将棋用途では一番最適なので。将棋ソフトを動かすだけなので、ビデオカードは、映ればいいという感じで…。ほかにゲームなども入れていません。一番重視するのは、読みの早さを決めるCPUですね。棋士も、早く正確に手を読むのが大事ですから。

 とのこと。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ニュース | AMD

 関連ストーリー:
藤井聡太棋聖、史上最年少の二冠を達成。時間できたら「パソコンを1台組みたい」 2020年08月21日
将棋、藤井聡太棋聖が一番会いたい人はAMDのリサ・スーCEO 2020年07月27日
将棋の藤井聡太棋士はAMD Ryzen 7 1800Xユーザー 2018年12月04日
史上最年長棋士の加藤一二三九段、ついに引退 2017年06月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード将棋ソフト藤井聡太

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース