日産、改良版エルグランドの特設Webサイトをオープン 14日より予約受付

2020年9月14日 11:18

小

中

大

印刷

 日産は10日、今秋にマイナーチェンジを予定しているミニバン「エルグランド」の特設Webサイトをオープンし、14日から予約注文の受付を開始すると発表した。

【こちらも】EVでスポーツを楽しむ時代が到来! 日産リーフNISMO 2020モデル発売

 エルグランドは1997年に誕生し、20年以上にわたり最高級ミニバンとして日産を支え続けている。エクステリアやインテリアの豪華な装備が印象に残った人も多いだろう。横に跳ね上げるタイプのサードシートなど、当時としては画期的な仕掛けもあり、現在でも根強いファンがいる。3Lクラスのエンジンを武器にした力強い走りも健在だ。

 今回マイナーチェンジを受けたエルグランドは、従来品よりも重心が低いことがポイント。ミニバンは車高が高いため、カーブや車線変更時のふらつきが気になる人も多いだろう。しかし重心を低くすることで、操縦安定性を高めている。「ロー&ワイド・プロポーション」をコンセプトしており、車体の大きさに負けないコントロールのしやすさに注目したい。

 安全運転を支援する機能も充実させる。踏み間違い衝突防止アシスト、インテリジェント エマージェンシーブレーキ、LDW(車線逸脱警報)などのサポート機能を揃えた。さまざまな交通事故を想定しながら、アシストシステムにより未然に防ぐ取り組みを強化。家族旅行や出張などによる長距離運転でも、運転支援技術のおかげで事故のリスクを抑えられる。

 最新版のエルグランドは全国の日産ディーラーにて、14日から予約注文の受付をスタート。特設Webサイトでは車両の魅力を見られるだけでなく、来店予約の手続きも行える。価格や商品詳細については未公開だが、日産はボディカラーの追加などを予告している。

 さらに日産の乗用車をベースにカスタムカーなどを提供する「AUTECH」からも、最新版エルグランドをベースにした特別モデルが今秋発売になる。AUTECH版は風格を得たエクステリアと、トップクラスの質感を求めたインテリアによる豪華な装備が特徴。新型エルグランドの最上級グレードになり、他のタイプとともに14日から予約受付を始める。

関連キーワード日産自動車ミニバン

関連記事