菅官房長官、行政のデジタル化を推進するデジタル庁の創設を検討中

2020年9月8日 08:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 下馬評では次期総理大臣の可能性が高まっている菅義偉官房長官が「デジタル庁」なるものを創設することを検討しているそうだ。5日に掲載された日経新聞とのインタビューで分かった(日経新聞)。

このデジタル庁は、新型コロナウイルスの影響で顕在化した行政のアナログ的な部分を改善するため、各省に分かれているデジタル部局を集約し、一つの省庁にまとめるというものらしい。規格の統一やデジタル化のための予算の一括計上なども行えるという。

菅氏によれば

 「デジタル関係の政策全般を責任をもってみる所が必要になる」

 とのこと。なおいまのところ特例措置となっているオンライン診療も恒久化すると明言したとのこと。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 政治 | 政府

 関連ストーリー:
新型コロナウイルス発生届、手書きFAX廃止にはさまざまな壁 2020年06月16日
製造業では見積書や注文書などのFAX送受信がリモートワーク導入を妨げている? 2020年05月27日
経団連会長曰く「はんこはナンセンスで、デジタルの時代にあわない」 2020年04月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード菅義偉官房長官新型コロナウイルス

関連記事