トヨタ、GRヤリスを発売 価格は265万円~ YouTubeで記念イベントも

2020年9月6日 07:00

小

中

大

印刷

RZ“High performance”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

RZ“High performance”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • RZ“High performance”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • RZ“High performance”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • RZ“High performance”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 1.5Lダイナミックフォースエンジン"M15A-FKS"(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 1.6L直列3気筒インタークーラーターボエンジン"G16E-GTS"(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • トルセンLSD(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • ベンチレーテッドディスク(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • ストラット式フロントサスペンション&ダブルウィッシュボーン式リヤサスペンション(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

 トヨタ自動車は4日、新型車GRヤリスを全国のトヨタ販売店を通じて発売した。グレードは「RS」、「RC」、「RZ」の3つで、特別仕様車として「RZ“High performance”」がラインアップされている。価格は、265万円から456万円(価格はいずれも消費税込)。以前の記事と重なる部分もあるが、特別仕様車を含めた3つのグレードを紹介する。

【こちらも】ホモロゲーション車両が背負う決意 (1) トヨタ・GRヤリスWRC 日産・GTR NISMO GT3

■街乗り、日常生活の中でも使いこなせる「RS」

 「RS」はGRヤリスの中では265万円と最廉価グレードだ。エンジンは M15A-FKSで、2020年2月に発売されたヤリスや8月に発売されたばかりのヤリス クロスと同じものを使用している。

 M15A-FKSに掛け合わされるトランスミッションは Direct Shift-CVT(ギヤ機構付自動無段変速機)で、発進用ギヤが追加されることで発進から低速域、高速域まで扱いやすくスムーズな変速ができる仕様となっている。ブレーキはフロントが15インチベンチレーテッドディスク、リヤが16インチのディスクブレーキと、フロントはヤリスと同じだがリヤのみ「RS」専用となっている。

 その他の専用装備としては、10速シーケンシャルシフトマチックに対応したパドルシフト、ドライブモードスイッチ、電動パーキングブレーキなどがある。燃費は18.2km/L(WLTCモード)。

■走行性能、高出力モデルを求めるなら「RZ」&「RZ“High performance”」

 「RZ」、「RZ“High performance”」は396万円、456万円と、GRヤリスの中では最高価グレードに位置付けている。それもそのはず、常に最高のパフォーマンスを引き出すための装備が充実したグレードだからだ。

 エンジンは新開発の小型軽量ハイパワー1.6L直列3気筒インタークーラーターボエンジンG16E-GTSを採用。駆動方式は4WDで、こちらも新開発のスポーツ4WDシステムGR-FOURを採用した。

 GR-FOURは多版クラッチを採用することで、前後の駆動力を可変できるシステムを備えている。トランスミッションもドライバーのタイミングでシフトチェンジできるように6速トランスミッションであるiMTを採用。フロントブレーキはアルミ対向の4ポッドキャリパーと、制動力を高めるスリットが入ったベンチレーテッド2ピースディスクブレーキ。リヤはフロントとは違い、4ポッドではなく2ポッド式のベンチレーテッドディスクブレーキだ。

 「RZ」としての専用装備は、専用チューニングされたストラット式フロントサスペンション、ダブルウィッシュボーン式リヤサスペンションだ。これに比べて「RZ“High performance”」は同じく専用チューニングされた足回り、冷却スプレー機能付きの空冷インタークーラー、ブレーキダクト、タイヤは18インチのミシュラン Pilot Sport 4S、アルミホイールは BBS製8J鍛造アルミホイール、さらに前後のディファレンシャルにトルセンLSD、を装備している。

■モータースポーツにはこの1台!カスタムし放題の「RC」

 余計なものは必要ない。ユーザーの好みにカスタムできるグレードが「RC」だ。価格は、「RS」、「RZ」の中間にあたる330万円。ベースは先に述べた「RZ」となるので、エンジン、トランスミッションなどは「RZ」と同じ。ただし、モータースポーツに使用される想定のグレードなのでカスタムの幅は広い。

 ブレーキはラリーに使われる小径タイヤを想定し、16インチベンチレーテッドディスクを装着している。ほかの装備はオプション設定となっているため、必要な場合は選んで付けるとよいだろう。メーカーパッケージである18インチパッケージを選択すれば、フロントに「RZ」と同じ18インチタイヤ、ディスクブレーキ、サスペンションが装着できる。

■発売記念イベント「GR YARIS ONLINE FES」開催

 9月16日19時30分から21時(予定)まで、新型車GRヤリスの発売を記念して「GR YARIS ONLINE FES」が、TOYOTA GAZOO Racing公式YouTubeチャンネルで行われる。

 2部制となっており、ファンイベントにあたる第1部(19時30分から20時)では、モリゾウこと豊田章男社長がドライブするヤリスをVR映像で楽しめる「VR YARIS with Morizo」を世界初公開。さらにGRヤリスの誕生に迫るコンテンツやバーチャル工場見学も楽しめる内容となっている。

 第2部にあたるGRヤリス オンラインQ&A(20時15分から21時)では、開発に関わったスーパーGTやスーパーフォーミュラでも活躍をする石浦宏明選手、大嶋和也選手と開発陣を交えたトークセッションを開催する。Q&Aなので事前にSNSを通して質問を投稿すれば、ライブの間に応えてくれるというお楽しみ付きだ。ハッシュタグは「#GRヤリスに生質問」なので、GRヤリスについて気になることがあれば質問してみるのはいかがだろうか。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワードトヨタ自動車特別仕様車YouTube豊田章男ヤリス

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース