NY原油:大幅続落、需要減少予測などが嫌気される

2020年9月5日 08:12

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:12JST NY原油:大幅続落、需要減少予測などが嫌気される
NYMEX原油10月限終値:39.77 ↓1.60

4日のNY原油先物10月限は大幅続落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は、前営業日比-1.60ドルの1バレル=39.77ドルで取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは39.35ドル−41.87ドル。原油需要の減少が予想されており、投資家は警戒を強めている。4日のロンドン市場で41.87ドルまで買われたが、米雇用統計発表後に反落。一時7月30日以来の安値39.35ドルまで売られる場面があった。《MK》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース