もう迷わない! 特徴的な住宅ローン会社5選 前編

2020年9月5日 07:55

小

中

大

印刷

 念願ともいえるマイホームを購入する際に、住宅ローンをどの金融機関で借り入れるかについては、頭を悩ます人も多いであろう。仮に3,000万円を35年ローン、元利均等返済(毎月の支払額が一定)の場合、金利が0.59%であれば総返済額は3,321万1,171円である。

【こちらも】13年間に延長となった住宅ローン控除適用で数百万円の得も

 いくら市場が低金利であるといえども、支払い利息が約320万円にのぼることからもわかるように、たかが0.1%の金利の違いであっても、数千万円単位で長期間のローンを組めば、支払う金利は膨大に膨らむものだ。

 もちろん、金利が低いに越したことはなく、現時点で最低金利を提供している金融機関と契約すれば良いという考えもある。一方で、各金融機関が独自に設けている特典にも注目すべきだろう。そこで今回は、数多ある金融機関の中から、特徴的な住宅ローンを提供する金融機関5社を紹介したい。

 まずはイオン銀行であるが、「イオンモール」や「まいばすけっと」など、イオングループで買い物をすることが多い人にはお勧めだ。住宅ローンの契約者であれば、買い物の度に毎日5%の割引を受けることができる。

 仮に月10万円の買い物をした場合には、毎月5,000円相当のキャッシュバックを受けることになるが、1年間のキャッシュバック上限である45,000円まで還元を受ければ、35年間で157万5,000円にもなる。一連のキャッシュレス決済のポイントバックキャンペーンが下火になった今、消費税10%を軽減するための大きな武器ともなろう。

 次にソニー銀行は、借り入れ後の金利タイプ変更に大きな特徴がある。一般的には固定金利を選択した後は、金利タイプの変更はできず、他行へ借り換えをするしかない。だがソニー銀行は、変更が可能な上、金利タイプ変更のリスクともなりうる手数料が無料となる場合もあるのだ。

 なぜ金利タイプの変更が重要かといえば、固定金利と変動金利に大きな違いがあるからだ。固定金利はその名のとおり、将来に渡って金利が固定されるが、変動金利は市場金利に合わせて金利が変動する。

 変動金利の場合、現在は低金利の恩恵を十分に受け取ることができるものの、この先何十年にも渡って低金利が続く保証はないため、金利上昇局面では思わぬ負担増につながる可能性もあるのだ。そのため、市場や返済状況などを踏まえながら、自由に金利タイプを変更できるサービスは魅力的だ。金利タイプで迷うようであれば、ぜひとも活用したい。(記事:小林弘卓・記事一覧を見る

続きは: もう迷わない! 特徴的な住宅ローン会社5選 後編

関連キーワードイオン(AEON)ソニー銀行

関連記事

広告