BCGワクチンは呼吸器系の感染症を減らすとの実験結果が発表

2020年9月3日 18:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 日本で新型コロナウィルスの被害が少ない理由としてBCGワクチンが関係しているのではという話が以前よりあるが、高齢者を対象にした臨床試験の結果、BCGを摂取した群は呼吸器系などの感染症が大幅に減少したとの論文が8月31日に米学術雑誌Cellに掲載された(Cellのページ, BLOGOSの解説記事)。

この臨床試験では、退院する高齢患者198人にプラセボまたはBCGを投与して、その後12か月間の状態を追跡したようだ。分析の結果、BCGを摂取された群はプラセボ群と比較して、新規感染の発生率が53%減少したという。また、特に気道感染症においては減少率が80%に達したことが報告されている。

今回の調査は新型コロナに対する効果を調査したものではないが、またあくまで対象は高齢者のようだが、新型コロナも呼吸器系に感染するウィルスであることを考えると非常に興味深い報告であろう。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
WHOがアフリカ大陸からのポリオ撲滅を宣言。のこすはアフガニスタンとパキスタンの2カ国 2020年08月28日
鼻から吸入する新型コロナワクチンを開発中。抗体が減りやすくても素早く再接種可能に 2020年07月30日
BCG出荷量3倍、乳児への定期接種ができなくなる懸念。不適切な使用も確認される 2020年04月13日
コロナ対策としてのBCG接種に対し日本ワクチン学会が「推奨されない」との声明を出す 2020年04月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード高齢者

関連記事

広告