JR西、来春のダイヤ改正で近畿エリアの終電を10~30分繰り上げ

2020年8月28日 18:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

JR西日本は26日、来年春のダイヤ改正で近畿エリアの主要路線で終電を10~30分早めると発表した。午前0時以降の便を中心に約50本ほど削減するとしている(JR西日本鉄道チャンネル共同通信)。

削減の理由としては、深夜に行われる保守作業の人員が不足していることを挙げている。終電が遅くなるほど作業時間が短くなり、作業員が休みを取りにくくなるなどの労働環境悪化が問題となっていたという。JR西日本グループ全体では、線路保守に従事する作業員の数は約10年で23%減少しているという。

また夕方から深夜帯における利用者の減少も今回の判断の理由だとしている。特に24時台については、これまで以上に利用者が減少しているとのこと。

 スラドのコメントを読む | 交通

 関連ストーリー:
JR山手線で自動運転の走行試験が実施される 2019年01月08日
JR東、山手線の自動運転に向けた試験を深夜に実施へ 2018年12月06日
首都圏で初めて鉄道の「計画運休」が実施される 2018年10月02日
鹿専用踏切、グッドデザイン賞受賞 2017年11月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードJR西日本

関連記事

広告