国際 RSS

 

中国、飲料水で約500人が赤痢菌に感染 水質汚染が原因か

2020年8月26日 08:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

現在、中国東部で赤痢の集団感染が発生しているそうだ。中国の安徽省寿県保義で20日以降、住民493人が発熱、嘔吐、腹痛、下痢などの症状を訴えているとされる。調査の結果、赤痢菌の感染によるものと判定したと地元政府が発表している。患者のほとんどは高齢者や子供であるという(AFPRecord China自由時報)。

赤痢の集団感染が発生した同県は、洪水災害の多い揚子江の下流に位置しており、水質汚染による感染発生の可能性があるという指摘もある。台湾の自由時報によると、一部の地域の人々が、水道水がコーラのように黒く濁っていると話しているという。

 スラドのコメントを読む | 医療 | 中国

 関連ストーリー:
中国の内モンゴル自治区で、腺ペスト(黒死病)疑いの患者が発生。市が警戒を呼びかける 2020年07月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国高齢者

関連記事

広告

財経アクセスランキング