想定外の猛暑によりハードウェア障害の報告が相次ぐ

2020年8月24日 20:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 連日続く猛暑だが、想定外の事態が複数起こっているようだ。蚊やセミが暑すぎて活動しなくなる、エアコンの室外機が高熱で止まるというのは、昨年あたりから言われていたが、Togetterまとめによると

 郵便物の糊が溶けて全開で届く 
 自転車のサドルでケツ穴が火傷 
 車の中に置いたアルコール消毒液が発火点に達する 
 カラスが暑さで落ちる 
 サンダルが溶けて足の裏火傷 
 サドルどころかハンドルが溶ける 
 家電製品が死ぬ 
 車内製品のシリコン部分が全滅 
 引戸のアルミレールが熱膨張して土台から浮く 
 今日ゲーセンで取った景品の箱が分解仕掛けていた などの報告があるようだ。実際にスマートフォンも外で利用していると、熱暴走をして通話が切れたり、画面が暗くなるといったトラブルが起きている(FNNプライムオンライン)。

また猛暑の影響でヤマハのルーターが評価されるようになっているそうだ。多くのメーカーのルーターの動作環境温度が「0~40℃」であるのに対して、ヤマハ製ルーターに関しては基本的に「0~50℃」に設定されているためだという(INTERNET Watch)。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 日本 | ハードウェア | idle

 関連ストーリー:
熊本県で屋外に駐機した航空機の燃料が高温になったため欠航するトラブル 2019年08月05日
北極圏で森林火災相次ぐ 国連「前代未聞の事態」 2019年07月29日
今後数年でインドの相当部分が暑すぎて居住不可能になる可能性 2019年07月06日
パリ協定の目標を達成しても日本の猛暑日は1.8倍に、気象研究所などがシミュレーション 2019年05月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告