豪政府、データセンター脆弱性でファーウェイ非難 意図的な不具合か

2020年8月24日 19:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

大元の記事は8月11日と旧聞に類する話題であるようだが、中国政府の支援でパプアニューギニアに設置されたデータセンターに不具合があったという(piyolog、 読売新聞Capacity大紀元)。

この脆弱性に関しては、オーストラリアのオーストラリア戦略政策研究所(ASPI)の調査で判明したとしている。この設備はパプアニューギニアの政府文書を保管するもので、施設の整備はファーウェイが行っていたという。確認された不具合は「外部からシステムに侵入できる不備」が存在した点。

具体的には、暗号化ソフトウエアがセンターが稼働する2年前の2016年にすでに失効した古いものであったこと、コファイアウォールの設計に問題があり、リモートアクセスを検出する能力がないなどの問題があったという。また資金不足のためこのデータセンターはほとんどメンテナンスされておらず、ソフトウェアのライセンス切れやバッテリーが交換されていないなどの問題が起きているそうだ。

今回のASPIによる調査書は、データセンターにあるパプアニューギニア政府のファイルが盗まれる可能性を示唆しており、これが中国政府のスパイ活動の一端であると指摘している。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | オーストラリア | セキュリティ | 政府 | 中国

 関連ストーリー:
ファーウェイ、自社製品用CPUであるKirinの製造が9月15日から不能に。米国の制裁措置で 2020年08月13日
米国務省、中国ファーウェイ社員にビザ発給を制限すると発表 2020年07月21日
ファーウェイは追い詰められても特許裁判を利用して反撃する 2020年07月20日
パプアニューギニア、Facebookを1か月間遮断する計画 2018年06月02日
「パプアニューギニアからの謎の国際電話」が急増? 2017年07月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国脆弱性オーストラリア

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース