東京の経済活動がほぼ停止すると約2週間で全国に影響 富岳が試算

2020年8月21日 21:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 スーパーコンピューター「富岳」の試算によると、新型コロナウイルスで東京の経済活動が停止した場合、2週間程度で全国的に経済が深刻な状況に陥るそうだ。このシミュレーションでは、東京23区で生活必需品以外の企業の活動が停止した場合をもとに算出しているという(テレ朝NEWS)。

それによると、動画では黄色から赤になっていまと売り上げが落ちていく。オレンジは60パーセント減、赤は80%以上減になるという。1日ごとに徐々に影響範囲が周辺地域に広がり、2週間たつとほぼ全国で60%以上の売り上げ減の地域が広がることが分かったという。

 スラドのコメントを読む | 日本 | お金

 関連ストーリー:
TOP500や「Graph500」など4つのスパコン性能指標で富岳が世界一を達成 2020年06月24日
スパコン「富岳」、神戸・ポートアイランドへの搬入完了 2020年06月20日
理研など、新型コロナの飛沫感染シミュレーション結果を動画で公開 2020年06月04日
JAXA、「富岳」の技術を活用したスパコンを導入へ 2020年04月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードスーパーコンピュータ新型コロナウイルス

関連記事

広告