オルトプラスが動意強める、アクセルマークのゲーム事業譲受9月に迫り材料視の見方

2020年8月20日 10:15

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■第3四半期決算は各利益とも赤字が改善し業績面でも注目される

 オルトプラス<3672>(東1)は8月20日、10時を過ぎて10%高の554円(51円高)まで上げ、5カ月近く続く横ばい相場の中で久々に動意づいている。

 13日に発表した第3四半期決算(2019年10月~20年6月・累計、連結)が好調で、売上高は前年同期比26.9%増加し、各利益とも赤字が大きく改善した。また、譲受日を9月1日(予定)としてアクセルマーク<3624>(東マ)のゲーム事業を譲受することを発表済みのため、8月下旬に入り、これに期待する動きが出てきたとの見方が出ている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告