粧美堂は受託製造会社の株式取得が材料視され一段高

2020年8月19日 15:08

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■化粧品・医薬部外品など受託製造のビューティードアHD

 粧美堂<7819>(東1)は8月19日、一段高となり、13時を過ぎて5%高に迫る374円(17円高)前後で推移し、戻り高値を更新している。

 2020年1月、社名をSHO-BIから粧美堂に変更。8月18日の取引終了後、化粧品・医薬部外品の受託製造などを行うビューティードア・ホールディングス株式会社(大阪府、ビューティードアHD)の株式を取得し、子会社化することについて決議したと発表し、材料視されている。100%取得する予定で、株式譲渡実行日は20年10月1日。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】タカラレーベンは反落も3Q好決算を手掛かりにバリュー株買いの再燃が有望(2020/01/31)
【株式評論家の視点】リックソフトは今2月期第3四半期業績は順調、日柄調整が進むか注目(2020/01/23)
【編集長の視点】CRGHDは2期ぶり最高業績を1Q決算で確認期待を高め3連騰(2020/02/05)
マクアケは20年9月期大幅増収増益予想で1Q順調(2020/02/18)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事