米国国家安全保障局、位置情報漏らさないようにするためのガイダンス公開

2020年8月13日 17:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 米国国家安全保障局(NSA)が、位置情報を保護するためのガイダンス「Limiting Location Data Exposure」を発表したそうだ。このガイダンスは政府機関や一般ユーザーなどの位置情報漏洩を防ぐためのものだという(NSAマイナビガイダンス全文[PDF])。

マイナビによると具体的な対策例としては、

 デバイスの位置情報サービス設定を無効にする 
 Wi-FiやBluetoothを頻繁に使用していない場合にはオフにする 
 デバイスを使用していない時は機内モードにする 
 アプリには最低限必要な権限しか許可しないようにする 
 "デバイスを探す"などの追跡機能をオフにする 
 デバイスでのWebブラウジングは最小限にとどめ、ブラウザへの位置情報サービスへのアクセスは許可しない 
 匿名のVPNを使用する 
 可能であれば、クラウドに保存される位置情報を最小限にする というものとなっている。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 情報漏洩

 関連ストーリー:
Android 11 Beta 3 リリース 2020年08月09日
米上院議員、行動ターゲティング広告を表示するサービスプロバイダーを米通信品位法230条の免責対象外にする改正案を提出 2020年08月02日
GMOタウンWiFiがTwitterの誹謗中傷投稿を非表示にするサービスを開始 2020年06月24日
AppleとGoogleが協力する新型コロナ接触追跡システム、旧型端末を使用する約20億人は利用できない 2020年04月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ安全保障

関連記事

広告