キヤノンUSAにサイバー攻撃 米国でのサービスに影響 ソフトウェア入手に問題も

2020年8月13日 17:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

キヤノンUSAがランサムウェア攻撃を受け、その影響で米国でのさまざまなサービスに障害が出ているようだ。

12日段階ではキヤノンUSAのWebサイトにアクセスできない状態となっている。同サイトにアクセスするとサイトが利用できない旨が表示され、ドライバーとソフトウェアのダウンロードに関しては、キヤノンカナダのサイトから落とすように誘導されている。ただし米国で購入した製品のサポートは受けられないとも記載されている。

ただし、デジカメWatchによると、デジカメのWebカメラ化ソフト「EOS Webcam Utility Beta」に関しては、キヤノンカナダのサイトには置かれておらず、入手ができない状態になっているとしている(デジカメ Watch)。

BleepingComputerによると、キヤノンUSAは5日朝に「Maze」と名乗るきサイバー犯罪者グループの攻撃を受けたという。犯人はキヤノンUSAから10TBのデータを盗んだと主張しており、キヤノンUSAが身代金を支払わない場合、Mazeは盗んだファイルを、公開すると主張している。複数のアプリケーション、チームとの連絡、電子メール、およびその他のシステムに影響が出ているとしている。BleepingComputerによれば、停止の影響を受けているキヤノンのドメインは24に及ぶとしている(BleepingComputerForbes JAPAN)。

なお先日発生した「image.canon」でのデータ障害とは無関係であるとのこと。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 犯罪 | セキュリティ

 関連ストーリー:
キヤノンの写真クラウド「image.canon」、保存データの一部が消失 2020年08月07日
Garmin、サービス停止の原因がサイバー攻撃だったことを認める 2020年07月30日
セキュリティ対策されていないデータベースを「ニャー」に書き換えるニャー攻撃が相次ぐ 2020年07月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードキヤノンランサムウェアサイバー攻撃

関連記事

広告